オスグッド病って成長期の子供だけ?

オスグッド病というのは成長期の子供によく見られる、膝の痛みの症状となります。

成長期の子供の場合、骨が大きく成長する時期であり、それにともない人体の関節は比較的不可に弱い状況となります。炎症を起してしまったり、何かしらの異常をきたしてしまうリスクというのがどうしても増えてしまうのです。

これはある程度仕方がないことであり、異常が出てきてしまったら、適切な処置をすることで対処をすることになります。

成長と大きく関係のあるオスグッド病は、当然成長期を過ぎていくことで改善、リスクを減らしていくことが可能です。そのため成長期を過ぎた人であれば、オスグッド病になってしまう可能性というのは非常に低くなると言えるでしょう。

しかし、子供ではなく大人であってもこのオスグッド病になってしまう可能性というのはあるのです。厳密に言うと、成長期が遅れてきた人、成長期が長く続いている人が、オスグッド病になりやすいということです。

成長期が続いているかぎり、大人だろうと、オスグッド病になる可能性があるということになります。

大人になっていれば、関節で炎症が出やすくなってしまったり、異常が出てくるリスクというのは高い状態になります。そのため成長期の子供と同じようなリスクを持っていると言えるでしょう。

ですが、大人のオスグッド病の場合も、成長期を過ぎれば、自然と症状は治まっていき、症状のリスクというのも低くなると言えるでしょう。

結果から言ってしまうと、成長期であるかどうかが重要!

オスグッド病を知る際に、重要なのは年齢や、大人か子供かではなく、成長期であるかどうかということになります。成長期であれば、大人でも子供でもオスグッド病のリスクを抱えることに変わりはありません。成長期というのは個人差が大きく出てくるので、ある一定の年齢で全ての人が終わってしまうわけではなく、大人になっても成長する人は生長することになります。

成長期を過ぎていると感じた人でも、膝の痛みがあった場合、それはオスグッド病である可能性があることになります。

さすがに高齢になってくると、オスグッド病というよりも、他のことが原因で膝の痛みが出てきていると考えられますが、若い人、成人を迎えたばかりである人の場合、まだオスグッド病の可能性があることを少し頭のどこかに置いておくと良いかもしれません。

そうすることで、膝の異常への対応がしやすくなる面もあるでしょう。
悩みになっている人も解決の糸口になる可能性はあると言えます。

お子さまの食生活を見直してみましょう。最寄の整体院・マッサージ・整骨院等に相談するのも良いでしょう。町田のさかした接骨院は小田急線町田駅からバスで7分。専用駐車場もあります。

どこに行くか悩んだ時はこういったポイントで選ぶのも良いでしょう。
また、子どもの成長痛を見逃さないためには、日常からの細やかな気配りも重要になってきます。

症状の緩和では表参道 マッサージのようなところもお勧めです。
最寄の地域でインターネット検索し、自分に合った治療を選ぶのが良いでしょう。

オスグッド病を経験した著名人

  • SKE48の松井玲奈
  • 岩本貴裕外野手
  • 佐藤由規投手
サブコンテンツ

このページの先頭へ