オスグッド病の主な症状

オスグッド病は、成長期の急激な体の変化があるために出てくる症状と言われています。骨が急激な成長と遂げていく、体が急激な成長を遂げていくと共に、成長するため脆く、そして炎症を起しやすい状態になると言えます。

そこに、運動などで大きな負荷があまりにも頻繁にかかってくると、オスグッド病になってしまうのです。成長期の子供にとっては非常に身近な症状であり、程度の野軽い人も含めれば、珍しい症状ではないと言えるでしょう。

このオスグッド病は、膝を中心とした部位で症状を見せていくことが多いです。痛みや晴れだけでなく、通常の膝関節とは違う、骨の盛り上がり方をみせるなど、見た目で異常がわかることもあります。

身の回りの人が、オスグッド病のような症状を見せていても運動をしていると、自分も大丈夫と考えてしまいがちですが、成長には個人差があり、オスグッド病にも個人差があることになります。そのため、他の人が大丈夫だからという理由で無理をしてしまうのは良くないと言えるでしょう。

症状が大きくなっている場合であれば、しっかりと専門家に診てもらい、正しい対処をしていく必要があります。

オスグッド病は、無理に無理を重ねると、負荷が大きくなりすぎて骨折につながってしまう可能性もあるので、決して軽視することはできません。骨折になってしまえばより治療が大変になってしまうのは明白です。

骨の成長と筋肉の発達が、体の強度以上に成長していってしまうため、痛みが生じることになります。

それを意識して、体を休めていく必要があるでしょう。体力が落ちてしまう、筋力が衰えてしまうということを心配してしまう人もいますが、症状が緩和した後でトレーニングをすることで十分、筋力体力は取り戻すことが可能な時期でもあります。

まずは症状を緩和、改善させていくことに全力を注いだほうが、効率の良いトレーニングにつながると言えるでしょう。

では、どの程度の症状まで運動をしても大丈夫なのか?

どの程度の症状まで運動をしても大丈夫か…ということですが、これもやはり個人差が大きいので、一概には言えませんが、痛みがあまり気にならない程度であれば、オスグッド病と言っても、軽い状態であると言えます。痛みが強くなってくると、軽い運動をすることも厳しくなってしまう場合があります。

そのような場合は、しっかりと専門家に診てもらうことをおすすめします。また痛みが出そうだなと感じた時には早めに休息を取ることも大切になるでしょう。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ