オスグッド病になると身長が伸びない!?

オスグッド病に関して、さまざまな噂が立っていることになります。その中で最も大きなものとして、「オスグッド病になると、背が伸びなくなる」というものです。これは本当であるのかどうか…非常に強い関心を持っている人は多いと思います。

結果から言ってしまうと、あまり関係ないと言えるでしょう。

オスグッド病というのは成長期の急な体の変化、体の負担からくる症状となります。それゆえにオスグッド病が出てきていること自体、体が成長している証拠であると言えるでしょう。

逆に成長期が止まっていくと、オスグッド病も自然と改善されていくことが多いです。

オスグッド病と身長の伸びが、関連付けられてしまうのは、症状の特性と、成長期によく見られることが影響していると言えるでしょう。

ヒゲをそると、濃くなるというのも、成長期にひげが生えてくることが多いことが影響していると言えます。

成長期、いわゆる思春期というのは体が大きく変化していく時期であり、それまで見られなかった特長が、体に見られるようになる時期でもあります。オスグッド病もそのうちの1つとして数えてしまうことはできるでしょう。

思春期の人たちは、体の変化に敏感であり、それが結果的に噂となり、信じられてしまっているものはいくつもあります。

例えオスグッド病になったことで、身長が伸びなくなってしまったとしても、それは何か他のことが原因になっている可能性は高いと言えます。オスグッド病ということで、体自体は大きな変化(成長)を見せていることになるので…。

気にしすぎてストレスにしてしまうのは最も良くない。

オスグッド病が身長に影響してきてしまうことはあまり考えられません。しかし、それでも気になってしまう人もいるかもしれません。しかし、気にしすぎるというのは一番良くないと考えることもできます。

オスグッド病のことが常に頭から離れず、早く治そうと焦りが見えてきてしまうこともあるでしょう。また焦りから、症状の緩和を待てず、運動をしてしまうこともあるかもしれません。成長期であるため、体を動かしたい心境も重なり、症状を客観的に、冷静に見ていくことが難しくなってしまうケースも珍しくありません。

オスグッド病と身長が止まってしまうことはあまり関係がないものであり、オスグッド病自体成長の証と考え、まずは症状の緩和、安定に意識を向けていくべきであると言えるでしょう。症状には個人差もあるので、自分の症状を見ていくことが大切です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ